スポーツ外傷

gaisyou

スポーツ、トレーニングでの怪我でお困りの方は大分市、のぞみ整骨院にお任せください

スポーツ外傷とは

スポーツ中に足を挫(くじ)いたなどの捻挫(ねんざ)や、走っていたら足に急な痛みが走る肉離れのような、明らかな外力が働き起こるもの、また 骨、筋肉、靭帯などに繰り返される負担が原因で起こるものを指します

スポーツ外傷になったらまず

1388420
  • Rest(安静)
  • Icing(冷却)
  • Compression (圧迫)
  • Elevation(挙上)

急性の怪我に見舞われたらまずRICE処置を行います。
都合によりすぐ来院が困難な方は冷却だけでも行ってください。治る早さに大きな違いがあります。

Rest(安静)

無理に動かした事により腫れや神経、血管の損傷を防ぐために行います。
(※当院ではテーピングや包帯、副子固定を行います)

Icing(冷却)

冷やす事で患部の血管を収縮させ、腫れや炎症を抑える効果があります。
『氷』を大量に入れて空気を抜いた状態のビニール袋を作り、患部やその周辺を10〜15分ほど冷やす事でも似た効果を得られます。
(おおよそ患部の感覚がなくなるまでを目安に行いましょう)
長時間冷したままにすると『低温火傷』の原因となりますので患部の様子を見ながら冷してください。

Compression (圧迫)

患部の内出血や腫れが酷くならないように圧迫します。
(※当院では弾性包帯やテーピングにより適切な圧で圧迫します)
(※圧迫のし過ぎは組織が壊死する危険性があり自己判断は避けましょう)

Elevation(挙上)

腫れの悪化を防ぐために、心臓より高い位置に上げるようにしましょう。

のぞみ整骨院では テニス肘、野球肘、野球肩、シンスプリント、オスグッド、足首の捻挫、太ももなどの肉離れ、膝の靭帯損傷など、様々な症状の治療やサポートを行います。

処置を誤ると同じ、怪我を繰り返すようになり最終的には『慢性的な痛み』に悩まされる事となります。『明日になったら痛みは減る』などの自己判断をせずに早急にご来院ください。

1409714

のぞみ整骨院では『最先端の医療機器』を用いて痛みを早急に緩和する事ができます。
怪我の再発を防ぐために『硬くなってしまった筋肉』をほぐし、『筋力低下』『関節可動域の低下』が認められる部位に対して運動療法などの筋肉トレーニングを行います。運動療法やトレーニングによって、痛みを気にせずにスポーツをすること(復帰)が可能となります。

超音波
ハイボルト
楽トレ
骨格矯正台